授乳中 風邪 冷え

授乳中は風邪をひきやすい

12月を過ぎると、寒さが厳しくなりますね。
特に授乳中は風邪をひきやすく、冷え性にもなりやすいです。

 

赤ちゃんのお世話や家事をしているのはもちろん、授乳中です。
夜中でも胸をだして母乳をあげないといけないです。
だから、風邪もひきやすいし体が芯から冷えてしまうので冷え性にもなりやすいです。

 

お腹をだして授乳をするので、夜中の授乳は特に気温が下がっているので気をつけましょう。

 

もし、授乳中に風邪をひいたら一番近くにいる赤ちゃんにもうつることが高いです。
なので、風邪や冷え性にならないように予防や対策をしておきましょう。

 

 

夜中の授乳にあると便利なグッズ

小型のハロゲンヒーター

小型のストーブなどもあるのですが、ストーブから温風が直接あたると
赤ちゃんやママの体によくないです。ハロゲンヒーターならほわっとして部屋全体すぐに温める
ことはできませんが、すぐにママや赤ちゃんの体を温めることができるしすぐに終わったら
消すことができるので安全面の面でもいいです。

 

腹巻き

授乳している時はお腹が冷えてしまうので、腹巻きで温めてあげましょう。

 

授乳ポンチョ

授乳ケープになるようなものでフリース生地だと温かいです。
例えばこのポンチョは

 

前抱っこもできるので夜泣きの時、前抱っこしながらねかしつけることができます。
抱っこしながら夜泣きの相手ができるので、手が痛いというのもなくって便利です。
1枚もっておくと赤ちゃんのお世話が便利になります。
授乳ポンチョ詳しく知りたい人は⇒授乳服とマタニティ服のMilk tea(ミルクティー)

授乳中すでに冷え性で悩んでいるなら

冷え性にすでに悩んでいるなら早めの改善をおすすめします。
ダイエットをしているのに痩せないなと思ったら、冷え性だから痩せないのかもしれません。
なので、冷え性を解消することでダイエットも成功しやすくなります。

 

今は手足が冷たいという症状だけかもしれませんが
冷え性はそのままにしておくと、めまいや頭痛、肩こりなどの体調不良にもなりやすいです。
痩せないだけでなく、健康の面からもそのままにしておくのは良くないので早めに解消しましょう。

 

冷え性には生姜。
生姜には体を温める成分が入っているというのは有名ですよね。

 

料理に生姜を使って食事を作る。
紅茶の中に生姜を入れる。
など、生姜を摂ることをおすすめします。

 

でも、生姜って独特の苦みがあるんですよね。
冷え性に良いのはわかっているけど生姜は摂りずらいという人は市販の生姜ドリンクを使ってみるのもいいいですよ。

授乳中・妊娠中に飲むことが生姜ドリンク

授乳中・妊娠中に飲むことができる生姜ドリンクといったら『ほっと熟成発酵しょうが』です。

 

添加物は一切使用していなく、子供でも飲むことができるくらい安心に作られています。

 

飲み方は、お水割り・お湯割り・ソーダ割りなどがあるのですが
ほっと熟成発酵しょうがの公式サイトにはミルクプリンやシフォンケーキの作り方が書いてあります。

 

いろいろなレシピがあるので飽きずに生姜で冷え性を改善することができそうです。

 

とはいえ、生姜ドリンクなので自分の口とあうのかわからないですよね。
もしかしたら辛いかもしれない・・・。
いろいろなレシピがあるけど本当に飲むことができるのか不安に思っている人は
お試しモニターで初回限定で安くほっと熟成発酵しょうがを試すことができますのでまずは試してみるといいですよ。

 

ほっと熟成発酵しょうがお得なお試しモニターの詳細は公式サイトからご覧ください

 

⇒ほっと熟成発酵しょうが公式サイトはこちらから

授乳中風邪・冷え予防と対策なら関連ページ

産後の妊娠線のケア
妊娠後の嫌な妊娠線のケアについて
産後足むくみ解消法
産後足がむくんで大変なママに解消法を紹介