産後太り 原因

産後太ってしまうのには原因がある

妊娠中に太った体重を減らすことで頭を悩ますのに、産後はストレスから太ってしまうことがあります。というか、産後ストレスで太ってしまうことは珍しくありません

 

昼間は、ほぼ赤ちゃんと二人だけの生活で慣れない育児と家事に追われますよね。赤ちゃんは、ママの都合やしゃべることができないので何で泣いているのかもわからず、イライラしてしまいます。夜中も授乳だけでも、ママの体は辛いのに、夜泣き、抱っこしないと寝てくれないなどママの疲労ははかりしれません。

 

他にも、やっと卒乳したと思ったらごはんはこぼす、飲み物もこぼす。外に出たら走って、走って捕まえるのが一苦労。

 

なのに、パパは「たまの休みくらいゆっくりさせてくれ〜」や子供のほうが「ママがいい〜」と子供から離れる時間を与えてもくれません。

 

そんな時にストレス解消といったら、食べること。
お腹がすていいないのに、食べたくなってしまう。食べることでイライラが収まるような気がするんですよね。
わかります。
特に甘いものを食べ過ぎるくらいが、気持ちがおさまるんです。

 

繰り返し食べていると、産後のストレス太りになってしまうんです。

 

 

産後のストレス太りから抜け出すには、旦那さんや周りにいる人に相談するしかないんです。このままいくと、産後のストレス太りが酷くなるうえに、ヒステリックなママになってしまいます。

 

そして、外に出て自分の時間をもちましょう。
例えば、一人で美術館でゆったり絵を眺めるやおけいこ事を始めるでもいいです。オススメは汗を流すことです。ジムやホットヨガの教室で産後太りを体の中から解消するのがいいですよ。

 

「離れている間子供がかわいそう」って思う人もいるかもしれません。
毎日じゃなくっていいんです。
週に2日・2時間くらいでいいんです。
少しの間子供と離れていると自分と子供のことを考えなおすことができたり、自分がいないほうがママへの甘えがなくなりパパと子供が仲良くなっていたりします。

 

何より、ママの視界が広くなるので心に余裕ができるようで、今まで以上に子供を愛おしく思えます。
イライラしているママより、心に余裕のある明るいママのほうが子供もパパもいいですよね。

 

産後ストレス太りで悩んでいるママは外に出て自分時間を作ってみましょう。